サムルノリとは、主に4種類の打楽器からなるアンサンブルの一種です。

四物(サムル)とは韓国古来から伝わる四種の打楽器、チン(鉦)、ケンガリ(小鉦)、チャンゴ(杖鼓)、プク(鼓)を指し、ノリとは英語のPLAYの意味に該当します。
サムルノリとは1978年に韓国の放浪芸能集団「ナムサダン」の最後の世代である金徳洙(キムドクス)金容培(キムヨンベ)、李光壽(イグァンス)、崔鐘實(チェジョンシル)先生方で結成されたグループ名で、いまではその音楽や演奏形態を指す普通名詞となっています。
サムルノリは韓国各地方のプンムルのリズム、シャーマンのリズムを整理、融合、舞台化した韓国国樂(民族音楽)を代表する中の一つとなっています。