韓国伝統音楽公演「東京風流」第3回公演のゲスト演目のご紹介です。

  • 演目:五方舞(オーバンム)
    • ムーダン(巫女)がクッ(儀式)で使う音楽やリズムに合わせて五人の女性の世界を表現しています。古来より中国や韓国では、宇宙の本質は陰陽と五行によって理解されてきました。たとえば空間は、東(色でいうと青)と西(白)と南(朱)と北(黒)、それに中心(黄)にいる自分との五つであるとの認識です。韓国にはそのような思想と深い関わりのあるシャーマン達の使うリズムや音楽、それにチュム(舞)が長い時を経て、今も残っており絶えず創作され続けているのです。
      そうした魅力的な韓国の伝統音楽をもとに、三人の女性の世界を再構成してみました。抑制された中にも、打楽器の演奏に合わせて踏んでいく足捌きや、踊り手が複雑に織り成す世界をお楽しみください。
  • 出演者:チュムパンの会oIMG_7343
    • 韓国舞踊家趙寿玉の主宰する非営利団体として2004年に発足。韓国の舞踊や芸能を通じて、日本に住むすべての者との文化的交流を図り、国境を越えた相互理解を深め、友好親善活動をその目的とする。発足以来数々のワークショップを企画、主に韓国より著名な先生方をお招きし会員および外部との人間的・文化的交流をはかり個々人の資質の向上に努めてきた。日々の舞踊教室の開催、舞踊発表会の主催、ボランティアを含む各種公演活動、韓国への研修旅行の企画等、昨年は東アジア文化都市実行委員会(横浜市、日中韓大使館後援)共催の「2014オペラ春香」の舞踊パートを趙寿玉先生の振付で担当し好評を博す。

      毎年年末にはおさらい会を開催、会報の発行も定期的におこなっている。

    • 林 鮮玉(イム ソノク)
      • チュムパンの会所属
      • 鳥取出身 在日3世
    • 朴 信江(パク シンガン)
      • チュムパンの会所属
      • 大阪出身 在日3世
    • 金  玟(キム ミン)
      • チュムパンの会所属
      • 川崎市出身 在日2世